令和2年9月30日(水)
5年生 理科 「流れる水のはたらき」

  5年生は理科の学習で「流れる水のはたらき」を学習しています。流れる水の働きによって、土地にどのような変化が起きるのかを確かめるために、グラウンドで実験を行いました。子供たちは、水の量を変えると、水の速さや地面の削られ方がどう変化するか本気で観察しました。
  今後、この実験結果を実際の川に当てはめて、土地の様子が大きく変化するのはどのようなときなのかを考えていきます。

令和2年9月28日(月)
1年生 生活科 「校庭であきをさがそう」

  生活科で校庭に「秋」を探しに行きました。教室で、「秋ってどんなものがあるかな」「夏とどんなところがちがうかな」と考えてから出かけました。どんぐりの実や、赤や黄色に色づき始めた葉っぱ等、秋をいっぱい見付けました。次は、草や木の実を使った遊びにもチャレンジします。

令和2年9月25日(金)
6年生 図画工作科 「白の世界」

     
  6年生は図画工作科で、2種類の粘土や白い材料を用いて「自分の世界」を作り上げていきます。今日は、「自分の世界」の主人公を考えました。子供たちは紙粘土の感触を楽しみながら作りました。細かい作業もありますが、集中して根気よく完成を目指します。

令和2年9月23日(水)
2年生 音楽科 「リズムをかさねて楽しもう」

       
 音楽科では、「タン・ウン」「ウン・タン」の2拍子を感じながら、リズム打ちの学習をしています。子供たちは、手拍子や膝打ちを繰り返しながら、2拍子を感じることを楽しんでいます。今後は、カスタネットやタンブリンを使い、2拍子の曲に合わせて演奏します。

令和2年9月18日(金)
わかば学級 生活単元学習 「大こんのたねをまいたよ」

        
  わかば学級で、大根の種をまきました。種をまく前に種の観察をしました。手のひらに種をのせて、「わあ、小さい。丸くてどこかに転がっていきそうだ」「色は茶色だね」「こんなに小さい種が、大きな大根になるんだね」と、気付いたことをつぶやきました。学級園に出ると、2・3年生は昨年の経験を思い出して手際よく、1年生は「大きくなってね」と願いをこめながら、種をまきました。これから芽が大きく成長していくことを楽しみにして、草取りや水やり等、根気よく世話を続けていきたいと思います。

令和2年9月17日(木)
4年生 特別活動 「4年生ドッジボール大会」

  4年生は、学級活動で「4年生ドッジボール大会」を行いました。これまで新型コロナウイルス感染症の感染予防のため、同じ学年で交流する場がありませんでしたが、子供たちの「同じ学年のみんなと交流したい!」という思いから、子供たちが、「4年生ドッジボール大会」を計画し、実施しました。大会を実施するにあたって、みんなが楽しめるように、子供たちが中心となって「なかよしルール」を作りました。
  自分たちで計画し、実行した大会ということもあり、たくさんの笑顔や充実した顔がみられました。

令和2年9月15日(火)
3年生 理科 「太陽とかげを調べよう」

  影つなぎや影の観察を通して、太陽の向きと影の向きとの関係を調べています。学習の中で、影は太陽の方角と逆の方角にできることに気付き、いろいろな形の影つなぎにも取り組みました。
 また、影の観察では、時刻が変わると、影の大きさや向きが変わることに気付きました。実際に体験すると、子供たちの学びはより深まります。

令和2年9月11日(金)
5年生 図画工作科 「わたしのおすすめ」

  図画工作科「わたしのおすすめ」の授業では、地域のすてきなものやすてきなことを見付けて、絵に表す活動をしています。
  一人一人が感じた「すてき」をイメージマップに言葉で書き出し、表したいことをはっきりさせました。その後、アイディアスケッチを行い、「すてき」がより伝わるよう構図を工夫しました。色塗りでは、「すてき」を伝える色づくりに本気で取り組み、納得のいく作品に仕上げることができました。
  作品は、11月の参観日に展示する予定です。ご期待ください。

令和2年9月9日(水)
1年生 学級活動 「係活動を決めよう」

  1年生は、毎日取り組む当番活動に加えて行う「係活動」について話し合いました。「どんな係があったら、クラスが楽しくなるか」を想像しながら、本気で考えました。
  飾り付け係は、「折り紙で飾りを作りたい」、新聞係は、「みんなの好きな給食のことを書きたい」という思いをもちました。これからの2学期の生活が楽しみです。

令和2年9月8日(火)
6年生 総合的な学習の時間 「森林教室」

  6年生は、今年度「総合的な学習の時間」で、富山県の自然の豊かさや自然を守っていくために自分たちができることについて調べています。
  そこで、富山県の自然や森林について学ぶ「森林教室」を行いました。
  富山県自然保護課の竹田さんからは、富山県の絶滅危惧種の生物や森林の定義、それらを守っていくために自分たちができること、砺波農林振興センターの花島さんからは、富山県の森林の種類や砺波市の軽くて丈夫なスギの木について教えていただきました。
  また、ねいの里の間宮さんと竹内さんからは、ザリガニやカメ等の生き物やアライグマの剥製を見せながら、絶滅危惧種の生物を中心に富山県の生物の現状についてお話しをしていただきました。
  子供たちは、各生物の特徴を知り、生物に対する理解を深めました。学んだことをまとめて、次の学習につなげていきます。

令和2年9月4日(金)
2年生 生活科 「大きくなあれ わたしの野さい」

  6月から育てているトウモロコシが収穫の時期となりました。子供たちは、「こんなに大きくなるなんてびっくり」「中の粒が小さくて固いよ」などと言いながら、大きくなった実を取り、皮をむきました。ポップコーンにして食べるのが楽しみです。

令和2年9月2日(水)
4年生 日々の様子

 4年生は、「自分も相手も気持ちよく過ごすために二つのことを意識して生活しています。
 一つ目は、あいさつです。声の出し方に気を付けお辞儀もしています。
 二つ目は、身の回りの環境を整えることです。自分の身の回りのものを整え、落ち着いて学習や活動に取り組めるようにしています。
 これからも、お互いが気持ちよく過ごせるように、日々の生活を見直していきます。

令和2年8月31日(月)
3年生 体育科 「器械運動」

    
  3年生は跳び箱運動で、両足で力強く踏み切ったり、手で体を支え、腰を高く上げて跳んだりすることを意識して練習しています。「手は奥に付いた方がいいよ」などと、お互いにアドバイスをしながら
学習に取り組む姿がみられます。学習したポイントを意識して、「根気」よく練習に取り組んでいきます。

令和2年8月26日(水)
5年生 総合的な学習の時間 「バケツ稲の観察」

 庄東地区の田んぼでは稲刈りが始まっています。まだまだ暑い日は続いていますが、秋が近付いてきたことを感じます。
 学校のバケツで育てている稲にも穂が実り、観察を行いました。稲の背丈が70cmほどまで大きく育ったことや、たくさん稲穂が実っていることを子供たちはとても喜んでいました。一方で、元気がない稲になっているグループがあり、「どのように育てればよかったのか」と育て方を振り返っていました。今後もバケツ稲を育てていく中で、生長の様子を観察し、各自の課題について探究を続けていきます。

令和2年8月24日(月)
1年生 生活科 「みずであそぼう」

 夏の遊びの一つとして、色水づくりにチャレンジしました。夏の自然と関わる中で、自然の不思議さに気付き、みんなと遊びを創り出す学習です。
 花壇に咲いている花の中から好きな色の花を切って摘みました。その後、花びらのみをきれいに取り分け、水を入れてもむと色が出てきました。子供たちは、「オレンジ色になったよ!」などと、楽しみながら学習に取り組んでいました。

令和2年8月7日(金)
6年生 国語科「夏のさかり」
 学習のまとめとして夏休みに合わせ、暑中見舞いの書き方を学習しました。希望者は、完成したものを実際にポストに投函して送付します。宛先はそれぞれです。さあ、誰の手元に届くのでしょうか?
令和2年8月6日(木)
5年生 理科「魚の誕生」
 メダカを育てる中で卵の様子に着目して、時間の経過と関係付けて魚の発生や成長を調べる活動をしてきました。観察などの技能を身に付け、また、予想や仮説を基に解決の方法を発想する力や生命を尊重する態度、主体的に問題解決しようとする態度が育ちました。
 学習のまとめを終えて、今日、育てていたメダカを校地内の池に放流しました。
令和2年8月4日(火)
4年生 体育科 保健
「思春期にからだの中でおこる変化を知ろう」
 思春期になると子供たちのからだは次第に大人のからだに近づき、@からだつきが変わったり、A初経、精通などが起こったり、B異性への関心が芽生えたりすることを知る学習です。新しい生命を生み出す準備として、自分自身のからだも変化することについて、意欲的に学習活動に取り組んでいます。この変化は、時期や起こり方に個人差があることも大切な学びです。
令和2年8月3日(月)
2年生 算数科「時計を生活にいかそう」
 時刻と時間の概念、日、時、分の単位やそれらの関係を理解し、数学的表現を適切に用いて時刻や時間の求め方を考える力を養います。また、それらを今後の生活や学習に活用しようとする態度も養います。図を使ったり、アナログ時計の模型の針を動かしたりしながら目に見えない「時」をイメージできるように工夫しながら学習しています。デジタルの時代ですが、アナログを使うことにも意味があります。

「令和2年度 6、7月」の記事

「令和2年度 4、5月」の記事

「令和2年度 2、3月」の記事

「令和元年度 12月、1月」の記事

「令和元年度 10、11月」の記事

「令和元年度 8、9月」の記事

「令和元年度 6、7月」の記事

「令和元年度 4、5月」の記事

「平成30年度 3学期」の記事